HEAVENESE
@HEAVENESE
2012年10月、シーラ ・Eが⽴ち上げたStilettoflats Music (米国)より世界デビュー。 グラミー賞9回受賞のゴスペル界のキング、アンドレ・クラウチが 唯一プロデュースを手がけている『世界でたった一つのエンターテイメント一座 』。 ツインボーカルのマレ&クミコを中⼼に、ドラム、ベース、キーボード、サックスなどの洋楽器に、尺⼋、篠笛、和太鼓、津軽三味線などの和楽器を加えた総勢14名によって構成されている。 さらに殺陣や忍者、在米黒人ラッパーやタップダンサーなどが加わり壮⼤なステージが創り上げられる。 千古不易の日本のソウルと、HIP HOP / R&Bが融合し、GOSPELのスピリットで紡ぎ出されるマジックがここにある。 「民間音楽外交」事業として、アメリカ、台湾、アラブ首長国連邦(ドバイ)で、国際交流基金支援事業として、イスラエル、エチオピア、エリトリアで、公演を行い大好評を博す。 国内では、大和魂エデュテイメントと称してエンターテイメント(entertainment)でありながら、教育(education)として機能するLIVEイベント「BRIDGE」をプロデュース。 各回ごとのテーマに沿って、HEAVENESEの音楽と、まるで『講談師』のようだと評される座長マレのドキュメンタリー・トーク、そしてコントやスキットによる笑い、さらには、涙が溢れる感動秘話などの要素が複合的にからみあい、ドラマチックな歴史絵巻として展開する。 2011年の東日本大震災への支援活動にも取り組んでおり、被災地での演奏をはじめ、 2011年から3年にかけて続くアメリカツアーにおいても岩手県陸前高田市の後援を受け、 世界に向けた被災地の情報発信の一端を担っている。 2020年4月、新型コロナウィルスのパンデミックに伴い、予定していた国内公演が延期となったことをきっかけに、毎週日曜日の20時からYouTubeでの番組「HEAVENESE style」の配信を続けている。 HEAVENESE http://heavenese.jp/ HEAVENESE オフィシャルファンクラブ https://club-heavenese.jp/ HEAVENESE BRIDGE 後援会 fb.me/heavenesebridge

2012年10月、シーラ ・Eが⽴ち上げたStilettoflats Music (米国)より世界デビュー。

 

グラミー賞9回受賞のゴスペル界のキング、アンドレ・クラウチが

唯一プロデュースを手がけている『世界でたった一つのエンターテイメント一座 』。

 

ツインボーカルのマレ&クミコを中⼼に、ドラム、ベース、キーボード、サックスなどの洋楽器に、尺⼋、篠笛、和太鼓、津軽三味線などの和楽器を加えた総勢14名によって構成されている。

さらに殺陣や忍者、在米黒人ラッパーやタップダンサーなどが加わり壮⼤なステージが創り上げられる。

千古不易の日本のソウルと、HIP HOP / R&Bが融合し、GOSPELのスピリットで紡ぎ出されるマジックがここにある。

 

「民間音楽外交」事業として、アメリカ、台湾、アラブ首長国連邦(ドバイ)で、国際交流基金支援事業として、イスラエル、エチオピア、エリトリアで、公演を行い大好評を博す。

国内では、大和魂エデュテイメントと称してエンターテイメント(entertainment)でありながら、教育(education)として機能するLIVEイベント「BRIDGE」をプロデュース。

各回ごとのテーマに沿って、HEAVENESEの音楽と、まるで『講談師』のようだと評される座長マレのドキュメンタリー・トーク、そしてコントやスキットによる笑い、さらには、涙が溢れる感動秘話などの要素が複合的にからみあい、ドラマチックな歴史絵巻として展開する。

 

2011年の東日本大震災への支援活動にも取り組んでおり、被災地での演奏をはじめ、

2011年から3年にかけて続くアメリカツアーにおいても岩手県陸前高田市の後援を受け、

世界に向けた被災地の情報発信の一端を担っている。

 

2020年4月、新型コロナウィルスのパンデミックに伴い、予定していた国内公演が延期となったことをきっかけに、毎週日曜日の20時からYouTubeでの番組「HEAVENESE style」の配信を続けている。

 

HEAVENESE http://heavenese.jp/

HEAVENESE オフィシャルファンクラブ https://club-heavenese.jp/

HEAVENESE BRIDGE 後援会 fb.me/heavenesebridge

91
157,211
4,802


@